漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


漢方2000年の歴史

古代中国では、漢代から三国六朝時代に、
漢方の原点である医学体系が完成されたと言われています。

漢方の治療も含めて、
中国での医学のことを、中医学と言います。

中医学がはじめて日本に伝来したのは、
5世紀初頭ころと言われています。

そのころは、
中国の文化は朝鮮半島を経由して伝わってくることが多かったのですが、
その後、遣隋使や遣唐使により、
直接的に中国文化が伝えられてくるようになりました。

日本では、すでに平安時代より、
専門医が医療を行っていましたが、
鎌倉時代には僧侶が医療に携わり、

さらに室町時代には、
外科や産婦人科などの医療技術の進歩がみられるようになりました。

16世紀初頭には、
フランシスコザビエルとともにキリスト教の影響を受けはじめ、
西洋医学が伝来つれて、西洋色に染まりました。

その後、日本の漢方も
中国の漢方からさまざまな流派が広まり、
現在に至っています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.