漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


陰陽五行説

陰陽五行説とは、陰陽説と五行説、
このふたつの哲学的な思想が合わさったものです。

陰陽説とは、宇宙・地球、
この世に存在する万物について、

能動的であると判断する「陽」と、
受動的で沈静的状態の「陰」に
分けられます。

このふたつの全く正反対の性質のものが、
和合して循環することで、万物が生成したり、
あるいは消滅するというような
変化がもたらされると考えられています。

陰陽の分類は、
必ずしも絶対的なものというわけではありませんが、
万物が置かれている状況に応じて、
相対的に変化するものとされています。

陰陽五行説の思想は、中国が発祥地とされていますが、
隣の国韓国にも、古くより伝えられています。

五行説は、自然界や人間社会で起こりうる現象、
その生成や変化を説明する原理であるとされています。

五行説では、
木・火・土・金・水という五つの要素が中心となっています。

たとえば、五行説の「木」は、
草木の発育を行う不思議な力のことを言いますが、
このことを「気」と呼びます。

「気」は、エネルギー、波動という言葉にも言い換えられますが、
気合いを入れるという言葉は、
「気」を入れるという意味です。

木・火・土・金・水、
このすべてに「気」が存在しています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.