漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


日本の漢方の歴史

日本にはじめて中国の文化や医療技術が伝来したのは
5世紀頃といわれています。

その頃より、中国では、
すでに漢方としての歴史が根付いており、
日本人が縄文時代・弥生時代を経て、
すでに中国では日本よりも
一歩進んだ文化が発展してきたものと思われます。

中国の医学の発展はめざましく、
すでに紀元前1000年頃には、
医師制度が確立していたと言われています。

その後、「神農本草経」「傷寒論」などの医学書が出版され、
230年ごろには麻酔手術も盛んに行われていました。

中医学が日本に伝来したのは、
大和朝廷が新羅(現在の韓国の都市)に、
医師の派遣を依頼した頃です。

遣隋使や遣唐使により、中国の文化が伝えられ、
平安時代には、日本の医師による医学書が完成しました。

江戸時代より、西洋医学の流れが強くなり、
とくにオランダ医学が伝えられると、
日本での西洋医学の地盤が固められるようになりました。

しかし、それぞれ本質の違う漢方と西洋医学は、
現在はさまざまな医療機関で導入されています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.