漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


漢方薬の歴史について

現在、日本では、
大きく分けると2つの漢方の流派が存在すると言われています。

しかし、そのどちらとも
本来は中国から伝わった漢方が基本となっているものです。

中国から奈良・平安時代頃を中心に、
遣唐使より日本へ伝来したのが、
日本での漢方の起源であり、
それが土台となっています。

その後、鎌倉時代以降から時の流れとともに、
日本の医学とミックスされて発展してきたのが日本の漢方です。

もうひとつは、
中国の漢方がそのままの形で今日まで伝えられてきた
中医学としての漢方があります。
この2つがおもな流派となっています。

治療方針や処方する漢方薬など、
いくらかの違いは見られますが、
基本的には、日本の漢方と中医学による漢方と特に区別することなく、
一般的に漢方と呼ばれています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.