漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


漢方と中医学

日本では、基本的に天然の生薬を用いる医療を
大きくまとめて漢方と呼ぶのが一般的です。

また、漢方と中医学が同じものであると思ちがちですが、
中国の伝統的な医学のことを中医学と言います。
とくに、日本独自の漢方は、
中医学とはほとんど関係がありません。

日本での漢方の語源は、
江戸時代に盛んに伝えられてきた
オランダの医療技術やオランダの医学のことを
「蘭方」と総称していたのに対して、
「漢方」という言葉が生まれたと言われています。

日本の漢方では、風邪をひいた場合に、
葛根湯(かっこんとう)という漢方薬が処方されることが多いようです。

最近は、薬品メーカーでも
漢方を取り入れているところが増えてきました。
風邪に効く漢方と言えば葛根湯(かっこんとう)が
すぐに思いつくほどです。

しかし、中医学では、
単に症状や病名だけがわかっているとしても、
処方する薬をすぐに決めることは、まずありません。

風邪の症状は、
表面的には鼻水、せき、熱などですが、
まったく違う見方をします。

寒気をともなうのか、
栄養状態を見て免疫力や抵抗力、
顔色を見て血流などをみて診断されます。

とくに、中国では、
医学に限らずさまざまな場面で
陰陽論によって判断されますが、

中医学における陰陽とは、
活力が消極的状態であれば陰、
積極的状態であれば陽
というように診断していきます。

中国では、
陰陽はすべてのものごとの基本となっています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.