漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


五行学説について

五行学説とは、
自然界における基本的な木・火・土・金・水に、
この世の中の万物に、ありとあらゆるものをあてはめて、
分類するという思想のことです。

これらのものは、
お互いに常に強調関係を維持しながらも、
微妙なバランスを保つことによって、
物事がうまく成り立っていると考えられています。

五行学説は、風水にもよく取り上げられています。

薬膳料理では、
1年間を四季ではなく五季節に分けて、
それぞれの季節に合った食材を選び、
その季節ごとの旬の野菜などで調理します。

また、人間の体の臓器は五臓と言われています。

五臓とは、
肝・心・脾・腎・肺 (肝臓・心臓・脾臓・腎臓・肺) のことです。

漢方では、
肝臓が悪ければ肝臓だけを診るのではなく、
体はすべてつながりがあり、
あらゆる観点から病気を診て、
時間をかけて病名を診断します。

漢方と五行学説、
そして五臓とは深い関わりがあります。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.