漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


五臓六腑とは

五臓六腑(ごぞうろっぷ)は、
東洋医学では人間の内臓のことをあらわします。

肝・心・脾・肺・腎の五臓と
胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦が六腑となります。

現代医学 (おもに西洋医学) の解剖学の見解とは、
まったく異なる概念です。

五臓の中でも、
とくに肝臓は昔から肝心要(かんじんかなめ)と言われています。

肝臓の本来の働きは、
体内の毒素を排出するために毒素をろ過する役割があります。
肝臓の働きが悪いと、体内毒素が蓄積されて、健康を害します。
とくに、肝臓と目、
そして顔色は深いつながりがあります。

漢方では、
顔色や脈拍が病気を診断するための重要ポイントとなります。

心臓は、五臓六腑を統括する中心的な臓器です。
精神的なストレスを感じると、
心臓に負担がかかりやすくなります。

心臓から脈を通り、血液を全身に運びます。
人間の生命体としてもっとも重要な働きをする臓器です。
漢方では、五臓六腑の働きが
もっとも重要であるとされています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.