漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


血液が汚れる原因とは

血液が汚れる原因、つまりお血の原因は、
おもに運動不足や生活習慣の不摂生や
食生活の乱れなどが考えられます。

それ以外には、
精神的なストレスが原因と考えられます。

肝臓に支障をきたすと、
本来解毒するという働きが弱まり、
お血の原因になります。

精神的なストレスから肝臓に支障をきたすこともあれば、
暴飲暴食が原因という場合もあります。

とくに慢性の肝臓病の場合には、
西洋医学による化学療法では副作用が生じることもあり、
治療が難しいのですが、漢方薬を処方することによって、
症状を軽減することができます。

とくに、「肝臓は目に穴を開く」 と言われており、
肝臓の支障をきたすと、目が疲れて、
ひどい肝臓病だと目が黄色くなることもあります。

お血になると、精神的にもイライラしやすく、
皮膚にあらわれてきます。

漢方による医学では、
病気と診断される以前に「未病を治す」という概念のもとに、
予防医学として、適切な漢方薬を処方して、
未病の段階から治療します。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.