漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


風邪の養生法

風邪は、誰でもかかりやすい疾患のひとつです。

風邪の症状があらわれたら、
1にも2にも安静第一です。

風邪のかかりはじめの養生が肝心です。
初期のうちから無理をしないで、
夜はあたたかくして体をあたためること、
そして十分な睡眠をとることが必要です。

体が冷えると、
反射的に血管が収縮しやすくなります。
とくに、鼻、気管支などの粘膜の抵抗力が弱まり、
風邪のウイルスが活発になってきます。

体を冷やさないように
あったかいミルク、スープなどで栄養補給すること、
そしてビタミンCや水分の補給を心がけましょう。

漢方による風邪薬には葛根湯が一般的に使用されていますが、
高熱が出て極度に体力が落ちているときに飲むと、
逆効果になる場合もあります。

日本人の古くからの知恵として
風邪に効果的な自然療法もあります。

せきやのどの痛みには、
大根ハチミツがおススメです。

ビンの中に大根を1センチ角のサイコロ切りにしたものを入れて、
ハチミツを上からかけて出来上がりで。
大根がやわらかくなったら食べられます。

寒気がするときは、
ネギを焼いたものをしょうがと酢とみそであえたものを食べます。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.