漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


冷えと漢方

冷え性と漢方薬の関係について、
ご説明しましょう。

漢方では、
冷え性は新陳代謝の低下とされています。
血の巡りが悪いことが原因とされています。

とくに、夏場にエアコンをかけていると、
冷え性になり、さらに冷たいジュースや麦茶など、
体はますます冷えてしまいます。

冷えやすい状況のときにこそ、
体を温めて血行改善する必要があります。

体の冷えには、
体を温める作用のある漢方薬を処方します。

冷え性改善に適応する漢方薬の、
桃核承気湯(とうかくじょうきとう) は、
四診の結果、実証と診断された人に処方します。

顔はのぼせ気味で、
足腰の冷えのある人にとくにおススメです。
頭寒足熱の状態が良いと言われていますが、
顔に熱があり、足が寒い状態を改善します。

人参湯 (にんじんとう)は、
四診の結果、虚証と診断された人に処方します。

手足の冷えや胃もたれのある人に処方します。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.