漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


漢方と医食同源

中医学の基本的な概念として、
医食同源という言葉が頻繁に使われています。

医食同源という言葉は、
古くは薬食同源とも言われています。

不老長寿、いつまでも健康を維持して長生きするのに、
心がけておく必要があります。

体の健康を維持していくには、
毎日の食生活から健康を作ること、
これが医食同源です。

つまり、医(薬)も食(食物)も、
その源は同じであるということです。

医食同源と同様に、重要な中医学理論として、
「四気五味」という言葉があります。

四気五味とは、漢方薬に使われている生薬の性質のことです。

五味とは、「酸・苦・甘・辛・かん(塩辛さ)」、
四気は、寒・熱・温・涼のことを言います。

四気五味は、
漢方の生薬という狭い枠にとらわれるのではなく、
わたしたちのふだんの食事に使われている食材、
そのすべてに当てはめられていることになります。

四気五味は医食同源の根本であるとされています。

つまり、漢方薬も食事も
同じ理論から成り立っていると考えられています。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.