漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


漢方の証とは

中医学では、
病名を判断するのに「証」という考え方が根本となっています。
証によって、見た目の症状が同じでも
処方する漢方薬が違ってくる場合もあります。

たとえば、最近多い花粉症を例にとってみましょう。

花粉症は、一般的に「小青竜湯」という
漢方薬を処方することが多いようですが、
すべての花粉症の人に
この漢方が必ずしも有効であるとは限りません。

小青竜湯が有効とされる人は
風寒証という証の人だけで、
他の証を持つ人が、
小青竜湯を服用しても効果はほとんどみられません。

証は、陰陽・虚実・寒熱・気血津液・五臓などの観点から
診断して証を見極めて、
それによって治療方針を固めていきます。

一般的な病院のように、
レントゲンや血液検査をするのとは違い、
原始的な方法なので、
診断に時間を要することもあります。

しかし、症状が出るその原因を詳しく知ることで、
正しい処方箋ができます。

小青竜湯を処方することで効果がもられる人は、
「寒」が原因による花粉症です。

寒とはつまり、
身体の冷えから花粉症の症状が悪化したものと考えられます。

身体の冷えは、
この漢方薬を処方することによって
身体を温めて体質から改善していきます。
その結果、花粉症の症状も軽減されます。

中医学の専門用語では、風寒症と言いますが、
小青竜湯を服用することによって、
症状が改善されますが、逆の体質で風熱証と診断された場合、
小青竜湯を服用すると、体質に合わないので、
症状が悪化する場合があります。

病態から証を見極めるには、時間がかかりますが、
その人に合った漢方薬を処方することが症状改善へとつながります。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.