漢方の基礎と歴史、症状別に効果的な漢方薬の解説など

漢方のススメ

漢方薬と漢方医学


四診とは

漢方では、患者の顔色をみることが大変重要です。
そして、舌を診る舌診などがあります。

舌診とは、
患者の舌の色・大きさ・舌苔の色など、
さまざまな角度から舌の状態を診ます。
それによって、
体質や症状などを知ることができます。

中医学の診断方法の中で、
重要な方法のひとつであるとされています。

さらに、四診 (ししん) といって、
望診・聞診・問診・切診という手法があります。

望診は、
患者の動作、姿を見て、顔色・皮膚の具合・舌診など、
視覚から情報を得るという診断法です。

聞診は、
声の明るさやハリ、
専門医の問いかけに対する答え方などから診断していきます。
さらに、
体臭や口臭、排泄物の臭いなど、
聴覚と嗅覚から診る方法です。

問診は、
今までの病歴、自覚症状などを
患者が専門医に話すことによって、
情報が得られます。

切診とは、
体に触れて脈を診るという
脈診、腹部を診る腹診などがあります。

四診は、
陰証・陽証、虚証・実証、寒証・熱証、表証・裏証など、
さまざま証を診断する手かがりになります。

UP▲

~漢方のススメへ

Copy right(C)
漢方のススメ
All Rights Reserved.